何と初めて本格的に臨床美術に参加。

何と初めて本格的に臨床美術に参加。
令和という字を書きました。

皆さんの字から離れたダイナミックな作品に比べて私は崩せず、思い切りがないなあと落ち込みかけていましたが、北澤先生の「この屋根の部分が力強いですねーそして優しい。この線が効いているね」と言われて嬉しさがこみ上げてきました。
自分自身に自信がなくなった時、周りにいる人が大丈夫!と気づかせてくれるというのがこういうことなんだ!と心から感動!
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です