Ponteとやま冬の特別企画 オンライン対談 第一弾

Ponteとやま冬の特別企画 オンライン対談
『精神科Doctor アルプスを挟んで吠える!〜義務教育ってなに?誰のどんな義務?』富山県リハビリテーション病院 こども支援センター 森昭憲 × 信州大学医学部 精神科医 樋端佑樹
保護者、カウンセラー、SSW、療法士、教員、居場所スタッフ etc 様々な立場の方々‥50名の皆さんにご参加いただきました!!
みなさんからのご意見をお聞きするお時間はなかったのですが、チャットに積極的に書き込んでくださっていました。
超超多忙なお二人の先生に、このような機会を作っていただいたこと、本当に感謝感激です✨内容を、樋端先生がブログにまとめてくださっています⭐重ねて感謝感激です!!
それぞれの立場で、心に残ったり刺さったりする言葉があったかと思います。
子どもの味方であり続ける大人として、自分には何ができるか。時には勇気を出しておかしいことはおかしい!と主張することも大切かもしれない。諦めずに表現し続けることも必要かもしれない。子どもたちの未来のために、「わたし」「わたしたち」にできることをあらためて整理したいと強く思いました。

https://haguredrp.com/archives/4825?fbclid=IwAR3OlzADCaRwYJIq1_NakmmDKvphDcCwYIKn7RMHdK14-icE5L0BJJEF1b8

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。