新年初カフェ:何の当事者か決めていない当事者会

今日新年初カフェ。6日は当事者会としました。
じつは、なんの当事者会かは特に決めていませんでした。
家族、お金、仕事にストレスがあったら話しましょうという会です。
若者たちがたくさんきてくれて嬉しかったです。

悩みの大半はもしかして勘違いかいう流れになりました。

挨拶しても返って来ない、もしかして嫌われている???
親から否定されることを言われてきた…はずなのに、親は覚えていないという。
世間を舐めてんのかーと父が言う。
世間って一体どんなもの?もしかするとと父の思っている世間は狭っ苦しいかもしれない。父の勘違いかも。

腰が痛いと思ってたけど、勘違いかと思ったら治ったとか。

勘違いや妄想で悩むのはちょっと損かも。それが正しいかどうかより得か、楽か、楽しいかどうかで決めてもいいよねと言う意見もありました。

山口翔太君のグラフィックファシリテーター初挑戦。なかなかよく描けていると思います。

今ふと思いました。
「当事者会やります」って言ったら、集まってくれたのが20人。
誰も「何の当事者会ですか?」って聞かない。

年齢もさまざまな、状況もさまざま。
みんなでしゃべってカレー食べて、楽しかった!と言ってもらって。
これは幸せとしか言いようがありません。
これがみやの森カフェなんだなあと思いました。

ありがとうございます。
これからもこんな感じでやっていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です