いろいろ眠っていたものが掘りおこされた。

地域共生ホーム全国セミナーでいろいろ眠っていたものが掘りおこされたので、まずはご報告から。

昨日、大熊由紀子さんと、若い仕掛け人の梶川朋さん、石川歩さんがカフェを訪ねてくれて、
私、水野さん、恭子さんと父も入って盛り上がりました。

私たちのやっていることを「ボランティア」とは思っていないけど、
根っこにあるのはきっと由紀子さんの著書の裏にあるこれ!

たしかにややこしい恋をしているのかもしれないな。

「いつもいつも考えている」
「もうやめようと思っても連れ戻される(足が抜けないヤクザの世界とも言う)」
「たいへんなこともあるけど結構幸せ」。

若者たちの名刺の裏の想い、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です