Ponteとやまからからのご報告

さて、Ponte とやまからもご報告。
Ponteとやまに出版部門ができました。担当は山口翔太君!

山口君は休職中に相談に来たのが始まりですが、その休職中の動きがとってもナイスでした。
いろんな人に会いたいというのでまずは台湾の皆さんに一緒に同行からスタート。
気がつけば結構いろんな人に一緒に会ったよね。

そして、私より的確にみやの森カフェやponteとやまについて説明をしてくれる。
この洞察力とまとめる力とさらに絵の巧みさが合わさって、まずはグラフィックファシリテーションで発信することに意見が一致しました。
興味のある人は個人的にもこのグラフィックファシリテーションを依頼できますから声かけてください。

水野さんが理事長で、私が理事という弱小社団法人を作って4年半。
渡辺恭子さんをはじめ、有償無償のボランティアに支えてもらってきました。

そんな弱小社団法人の初の従業員が長崎悦子さん。
優秀な会計、そして年末からそのデザイン力、パソコンの力もわかって、会計、デザイン、広報部門担当となりました。
悦子さんは富山ダルクの会計も担当してますから、ダルクと身内感ありあり!

若い人が加わって、早く楽隠居したいという夢は近くなったか???実感はないですが、仲間が増えるのは嬉しいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です