怪しいカフェの利用法

今日一番の笑いのツボ。米沢君!
米沢作品の宣伝の方法を提案する営業マンと会うと言うので、
「怪しいかもしれないから怪しいカフェに連れてくることにしました」と。

直後、カフェに似つかわしくない真面目そうなバリバリ営業マン登場。
米沢君、カフェラテとケーキも奢ってもらって商談開始。
私もチラチラ聞いていましたが、最後に米沢君断って終了。

営業マン君は怪しくはなかったけど、
このカフェは怪しかったでしょうね。

米沢君のいいところは、奢ってもらった分、
ちゃんと自分の作品をお土産に渡していました。
お互いに「頑張ってください」といういい感じ。

怪しいカフェの利用法間違えていないと思う。
何かあったら止めることもできるしねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です