今のところ8回まで、夢のような講師陣が続きます。

「Ponteとやま」6周年前悲願の連続講座、
第2弾の打ち合わせをzoomでしました。

2回目は、6月28日産婦人科医であり県議会議員である種部恭子さんと
長野の精神科医である樋端祐樹さんの対談ですよー
今のところ8回まで、夢のような講師陣が続きます。
もうすぐ公開します。

まずは第一弾は富山大学准教授の水内豊和さん。
「発達障がいの特性と可能性:成人編」とありますが、
まだ子どもが小さいパパママも必見です。
遊びも得意な?水内先生の話はきっとおもしろい!
ぜひご参加くださいね。

※みやの森カフェでの参加が定員に達しました。
今後参加希望の方は、オンラインでの参加となりますのでご了承ください。
(キャンセル待ちはできます)

午後は本当に珍しく映画を見てきました。「もみの家」

なんだかんだでこの2ヶ月忙しくて(なぜ??)、今日は思い切って、お休み日。
頼成の森のウォーキング。
3人で行きましたけど、行き交う人誰も居ない。
森の中に3人きり??という贅沢。

午後は本当に珍しく映画を見てきました。「もみの家」

富山で作られた映画で、川又直さんのはぐれ雲がモデルです。
美しい映像でした。
現実はこんなもんじゃないという川又さんの声が聞こえてきそうでしたが、
メッセージが伝わってくる映画です。

そして、富山は美しい。富山の人も富山でない人も見てください。
こちらも今日は3人でした。贅沢な時間を過ごしました。

Ponteとやまオンライン講座のお知らせ

メルマガ会員のみなさまにはすでに届いているかと思いますが…
★5月31日(日)10時半~11時半…
「オンラインde表現遊び~新聞紙で遊んじゃおう!~」

みやの森カフェスタッフの一員でもある、渡辺恭子さんと一緒に、
新聞紙に模様を描いたり色を塗ったり、ビリビリ破いたりして楽しみます。

対象はどなたでも。お子さんも大人の方も楽しめるに違いない内容です👍
参加費は無料。

各自、新聞紙を1日分、クレヨン(クレパス)かオイルパステル、
絵の具、筆、水入れを準備してください。

参加希望の方は、前日の12時までに、
miyanomori.ponte@gmail.comまでお知らせください。

【Ponteとやま 地域と専門性をつなぐ連続講座】

第1弾の講師は、富山大学人間発達科学部の水内豊和先生です!
「発達障外の特性と可能性:成人編
 〜その人らしい人生を歩むために 今 できること〜」
と題してお話していただきます。

成人期のサポートにかかわられている方はもちろんのこと、
幼児や小学生の保護者の皆さん、支援者のみなさんにもぜひ!
聞いていただきたい内容です。

6月14日(日)10時スタート!
なお、カフェでの参加は先着8名までです🙇

下記の「連続講座1」をクリックするとPDFを見ることができます。
連続講座1

——————————————————————————–

6年を迎える今年、悲願?の連続講座が実現します。
地域と専門性をつなぐPonteとやまの連続講座。
富山県内外の医療や教育に関わる専門家の皆さんが講師です。
1回目は富山大学水内豊和先生です。
連続講座全体のお知らせはもう少しお待ちくださいね。
シェア大歓迎です。
[加藤]

足の調子が悪い父を理学療法士の塚本先生が診てくれました。

昨日の筋膜リリースのおかげで今日は首が楽です。
伸ばすこと大切ですねー

さらに、ここのところ、
足の調子が悪い父を理学療法士の塚本先生が診てくれました。
むくんで紫色になっていた足の色がみるみる普通の色になって、びっくり。

丁寧に診てもらって本当にありがたい。
終わった後はこんな感じ。

下着で失礼しました。

おうちにもベッド持って訪問してくれますよー
みやの森カフェで受けたいという方いたら声かけてください。

【Ponteとやま オンラインdeストレッチ】

講師は、理学療法士の塚本彰さんと、筋膜リリースセラピストの塚本さよこさん。

今日も、身体を緩めることからスタート。
続いてセルフ筋膜リリース。
椅子に座ったままでもちょっとした工夫で血流がよくなり
、凝り固まった首や肩がラクになります👍
最後は、タヒチダンスで心軽やかにフィニッシュ👯

途中、いてててて💦という声も聞こえてきましたが😅、
セルフケアは無理しない、頑張りすぎない、が大切☝️
自分の身体の声を聞きながら、気持ちいいことを続けていく。
。いろんなことに通ずるものがありますね。

彰さん&さよこさんの講座は、好評につき、今後も継続予定です🤗
お時間のある方、興味のある方はぜひ!

———————————————————————

【Ponteとやまオンライン講座:オンラインdeストレッチ】by塚本彰さん&さよこさん
筋膜リリースセラピストのさよこさんは、フラの講師でもあります。
タヒチダンスの横移動で、体幹がブレずになめらかな動きをされるさよこさんにうっとり🤩
ワタクシのやりたがりの虫が騒いでおります😅
[水野]

ごちゃまぜカフェのみやの森カフェにとってはお手上げかと思ってけど、どうも勘違いかも、と思い始めました。

三密……密集、密接、密閉……
ごちゃまぜカフェのみやの森カフェにとってはお手上げかと思ってけど、
どうも勘違いかも、と思い始めました。

相棒水野さんが、
「私、行列大嫌いって思ってたけど、違ったーあのくっついてる状態が嫌だったんだ。
ソーシャルディスタンス、いいわー離れてたら行列だって嫌じゃない」と言う。

あら、そう言えば、みやの森カフェって、
密着してないーまあ、優しくないというか面倒見もたいして良くない。
あの南雲明彦君も、「ほったらかしですね」といつも笑っている。

密閉もしてない。
風が通らなければ新しいことも始まらない。
新しい人も来にくくなる。
まあ、たまにお客さんがたくさん来すぎて、
狭い店内が密集状態になることはある。そこだけですね。

ごちゃまぜって、密じゃなくて、多様なのです。
多様な人がともにいるということは、密閉してたり、密着していることではない。

それぞれがお互いの存在を認め合うこと。
それはやはり適度な距離も必要だし、お互いの力も認め合う関係。
カフェに来ようと来なくなろうと繋がりは切れない。
必要ならカフェにまた来ればいいだけ。
困っていることがあれば、力を貸せる人を繋いでみんなで考える。
力を発揮したい人がいたら、それぞれができることを協力する。

今までと同じで良いですね。密集だけしないように考えてみます。