合気道のいろは

Ponteとやま イロハシリーズ【合気道のいろは】
講師は合気道4段&整体師の松野祥子さん。
まずは礼!
準備運動で身体を目覚めさせ‥この段階ですでに「ゔぅっ」といううめき声多数💦
合気道のいろはの”い” は、丹田を意識して座り相手に押されても倒れないようにしてみることから。
いろはの”ろ”は、相手に腕を預けつつも‥祥子先生曰く「腕の内側に水が流れていて小指から流れ出る感じ」‥力を込めること。
いろはの”は”は、相手と気を合わせること。
祥子先生の言葉を聞いてイメージし、身体を意識し向き合いながら動いてみる。気づいたら、みんな【からだ】と【うごき】に集中。
普段はクルクル回転しすぎる脳も程よく集中できたのではないか‥
つい肩に力が入って息が浅くなってさらに緊張しがちだけど、丹田を意識することで少し緊張が緩むのではないか‥
などなど
からだと動きを「合気道」を通して意識したり体得したりしていくことで、日頃の動きやすさや生活しやすさも改善していくことができるのではないか‥発達凸凹と合気道のコラボの可能性を感じました✨
もちろん最後も礼に終わる。
松野祥子さん、ありがとうございました!
参加してくださったみなさんもおつかれさまでした!!
第2弾、3弾‥と続けていけたらよいなと思っています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です