つぶやきシリーズ:自分は見えない

タイプはちょっと違うけれど、とても仲がいいTくんとNくん。

じゃれあったり笑いあったりしてるかと思うと…

NくんTくんに向かって「おまえ、ほんっとにせわしないわ」と言い放つ。

するとTくん「え、おまえの方がせわしないやろ」と言い返す。

そして、わたしは、吹き出しそうになるのを我慢して「え、私たちはいつもNくんのこともTくんのこともそう思ってるわ」と応戦する。

「え、そうなん?」とNくん。

「ふーん、でもオレは困らんけど」と笑いながらTくん。

 

自己理解が難しいと言われる発達でこぼこの子どもたち。

こうやって、人とかかわりながら、互いを認めたり認められたり…時には評価もされながら…しながら、ゆっくりだけど自分を知っていくのだろうな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です