キッズカフェ:会話その2パニックってなに?

子どもたちの会話 その2…パニックってなに?

まかないを食べている時のこと。
kidscaféに継続して参加してくれている中学生のDくんが、おもむろに話しはじめました。

Dくん:先輩!←Dくんはいつ頃からか私のことをこう呼ぶ😅
ミズノ:はい、なんでしょう。
Dくん:ぼくは、以前、急にパニックになったりしてたよね。
ミズノ:ここではそんなに激しくなかったと思うけど?
Dくん:うん。でも、小学生のころはたびたびパニックになって暴れたりしてたよね。
Kくん:パニックって??(Kくんは小学1年生。)

※その場に居合わせたお母さんたちは若干動揺😅

Dくん:ぼくはパニックになってたんだよ。
Kくん:だからパニックってなに?
ミズノ:すごくびっくりした時に頭の中がわーってなったり、困った時にあーっもおどおしようーーーってなる時あるでしょ?
Kくん:え、オレない。そんなん全然ない。
ミズノ:ふーん。そっかぁ。私はあるな。
お母さんたち:あるあるー。
Dくん:でも、ぼくは最近はならないよ。
ミズノ:そおだねー。私もそう思うよー。

Kくん、初回は、ルーロゥ飯の匂いが苦手で頭痛がしてしまい早退。
2回目は初めにお仕事頑張り過ぎて早々にリタイヤ。
おそらく、頭の中は混乱してたはず。

年齢も、経験も、特性も様々な子どもたちが、“協働”することで学び合うことは多い。
仲間と、時と場を共有する意義は大きいなーとあらためて思います。

キッズカフェ:会話その1しゃべってる自覚

kidscaféの店長、えりこさんも書いてくれていますが、子どもってすごいなーと思います。
かかわり合い、認め合いながら着実に成長していく姿は、実に頼もしい✨✨✨

毎回、いろんな化学反応が起こって、私たちも楽しませてもらっています。
例えば今日はこんなことが😊

その1…いつになく?!仕事に集中したNくんとの会話。
ミズノ:(いつもはまかないの昼ごはんをお客さんが来ても食べていたのに今日は一番に食べ終わったので)あら、きよは食べるの早かったねー。さすが中学生は違うな👍
Nくん:え、しゃべる相手おらんだだけ😁
ミズノ:そおいうことー?!
Nくん:そお。だっれもしゃべる相手おらんし🤗
ミズノ:ん?ということは、いつもはわかってるけどしゃべってるってことか?
Nくん:さあねぇ。たぶんね。
ミズノ:なるほど。しゃべってるっていう自覚はあるのだね?ふむ。
※ここでえりこさんが、じゃあしゃべる人がいたらどうなるって聞いたかな?

その後も、Nくんは仕事に集中。
注文票を見てドリンクの用意をしたり、近くの人の様子を見てちょっと手伝ったり。
気働きができてる👍すごいです!!

キッズカフェ:成長ってすごい

4年キッズカフェをやってきて、今日いちばん疲れなかった!いつもはクタクタになるのですが💦
サポートしてくれた若者たちのサポートのうまさと、何より子どもたちが上手に働きました。成長ってすごい。

初めて来たときは怒ってすぐ帰ってしまったA君は、最初から最後までスイーツ係をがんばる。
お皿洗いをずっとやった男の子ふたり。
卵焼きをずっと焼き続けた中学生。
注文から会計まで店内の交通整理をホワイトボードに書いてしっかりやり遂げた中学生。

会話がまた面白い!ここは水野さんの報告待ちます。

お客さんも昔馴染みの若者たち。昔話にも花が咲く。
「君はさくらカフェで500円の弁当買うのに1円玉を500個持って来たよね。やめてください、と言ったら、今度は10円玉50個。会計するとき重くて腰痛めたわー」15年前の思い出。

第5回講座:いっしょに向き合おうー家族関係、仕事、お金のストレスー

そして、遅れましたが、2月3日「いっしょに向き合おうー家族関係、仕事、お金のストレス」千葉在住の加藤肇さんを招いての学習会。

専門用語も多かったのですが、わかりやすかった。
いちばんよくわかったのは、知らないと始まらないってこと。

今回は「離婚」ではなく「決断」という言葉をつかっていました。
さに決断ですから、自分で動き、自分で手続きしなくてはならない。
でも、それはたいへん💦もし、決断することがあったら、一人じゃなくて皆で知恵を出し合いましょう。

今回5回目の講座でした。
あと一回。
参加している人たちの表情が変わってきたような気がします。
やってよかった。回数を重ねる度に思います。

加藤肇さん、ありがとうございました!
また、これからもよろしくお願いします。

身体の不自由な人や高齢者が着やすい、そしておしゃれができるような服を作りたい!

今日は、かすみちゃんともう一人お客さま、あやちゃん。
かすみちゃんもあやちゃんもフリースクールの卒業生。

あやちゃんは、フリースクールで学んだあと15年ほど東京でデザイン、パターンについて学んで、今身体の不自由な人や高齢者が着やすい、そしておしゃれができるような服を作りたいという夢を持っています。
あやちゃんが縫ったという服はおしゃれでかわいい。

このスカートは前にチャックが2本ついているので車椅子でも着脱可能。

全山口翔太君も加わって、またまたイベントを企画する予定。
フリースクールの生徒たちが魅力的な大人になって帰ってきている!嬉しい!

まずは3月21日に関心のある人が集って何ができるか考えます。

おしゃれしたい、着心地のいい服が着たい、着せたいと思う人、声かけてくださいね。

人生のレールを外したマツキヨさんと人生のレールを敷き直しているゆーたろーくんのとりとめのない話を聴く会

さてさて、企画はずいぶん前からでしたが、山口君から刺激を受けて、イベントとして立ち上がりました。

緩い二人、いやいやそうでないかもしれない二人、必死で模索しているのかもしれないけど、ハタから見ているとやっぱりおもしろい!
マツキヨは生活のピンチらしいので皆さん、ぜひ来てください。

今回の1100円参加費は、カフェに100円、マツキヨ、ゆうたろう君に500円ずつ。
寄付するつもりで来る方も大歓迎。
カフェのお弁当も予約できます。500円。

◯日時
2019年3月1日(金)18-20時頃
◯場所
みやの森カフェ(富山県砺波市宮森303)
◯参加費
1,100円
(100円はカフェへ、500円はマツキヨさん応援のお金へ、500円はゆーたろーくん応援のお金へ)

スイーツつき相談会

明日2月2日(土)10時~11時半
スイーツつき相談会です。
乳幼児~小学校低学年のお子さんがおられる
ご家族対象の相談会です。
“仲間”がいることに気付いて元気になったり、
あらたな発見もあったり!!(^^)!

明日はみやの森カフェ営業日ですので、
12時からはランチも食べられますよ。

ヒトヲキクカフェ:山口翔太君

ponteとやまの出版部の山口翔太君。
「就職おめでとう!」といろんな人に言われていますが、なんと無慈悲にもponteから給料は出ない。
給料もらえないのに、これをやる!と決めた翔太君。
この部門を作って自力で稼げるようにする!
私たちも給料は出せないけど、投資(といっても小さな額ですが)をして、この人のこれからを応援します。

さて、こんなフツーにはない取り組み、いったいどうなっているんだ???と思った方、ぜひ聞きにきてください。
誰も来なければ、翔太君は私に2時間しゃべるそうです💦
私といっしょに彼の話を聞いてくれる方大募集!

同時に翔太君はこれで活動資金も稼ぎます。
これは場所代100円以外は彼の応援金になります。
行けないけど、資金を応援する!という方も募集中。