【WAKUWAKUサークルinねいの里】

水野さんからも報告ありましたが、いつもはインドアの私も参加したので違う写真を載せますねー
いい働きをしていた怪しげなカエル園長、3人の推しメン男子。

子どもたちをよくフォローしてくれました。

不思議にも転ばない鍋に感動して、「この鍋転ばないねえ!」と言ったら、
タケシ君「オレはころんだ、お尻がいたい」ということで、
転ばない鍋ところんだタケシのツーショットもあります。

なんとお姉さんなんでしょ。

ねいの里のプログラムによく参加してくれるなっちゃん👧
今日はお家からハンモックを持ってきてくれました。
なんでも「私がやる!」自己主張もはっきりしているなっちゃんですが、
今日は、小さい子たちを後から支えて揺らしてくれていました。
なんとお姉さんなんでしょ。

この後、Rちゃんはぬかるみで転びズボンも長靴もべちゃべちゃになり、
「ズボンも長靴も新しいのにするー(履き替える)」と泣いてしまいました。
すると、なっちゃん、長靴をもってどこかへ。すばやい😵
少しして、綺麗になった長靴を持ってなっちゃんが颯爽と現れました。

「新しい長靴はく!って泣いとるもん。
 洗ったら新しいのと同じぐらい。ほら、きれいやろ😁」
おぉーたしかに。

中は冷たいかもしれんが💦という私の心配をよそに、
綺麗になった長靴を見て、Rちゃん泣きやみました。
子どもの観察力、行動力ってほんとすごいなーと思います。

WAKUWAKUサークルinねいの里

昨日のぽかぽか陽気とはうってかわって、
朝から霙まじりの悪天候☂️天気予報では暴風注意報まで💦
えー😱楽しみにしている子どもたちもたくさんいるのにぃ
(一番楽しみなのは自分?!)悩んだ末、開始時刻を1時間遅らせて、
予定通りプログラムを決行することにしました!

晴れた😃と思ったら、ザーッと降ってきて、
文字通り降ったり止んだりでしたが、雨でぬかるんだ道も、
時々降る雨も、子どもたちはなんのその。
今回も、森のこども園スタッフでもあるakicoさんの素敵なアテンドのもと、
子どもたちも大人も早春の里山を思いっきり楽しみました。

今回は、ゲストにたかち動物園の高地さん、
ボランティアとして3人の若者たちも参加してくれました。

残念ながら、雨が強くてよもぎ摘みをすることはできませんでしたが、
みんなでお団子と豚汁を作って食べました。あったかくて美味しかった〜!

晴れ間に、カエルの卵を見つけたり、ブランコやハンモックで遊んだり。

はじめて会うお友達も、森の中ではみんなすぐ仲良しになっていきます。
やっぱり森の中は楽しい😃
子どもたちと遊ぶのも楽しい😁
楽しいがいっぱいで幸せな気分✨

園芸療法プログラムの様子を、小4ボーイが描いてくれました✨

PonteとやまWAKUWAKUサークル 土となかよし〜園芸療法プログラム〜の様子を、小4ボーイが描いてくれました✨
リラックマはSくんの心の友なんだそう😊

プログラムに関心のある方はmiyanomori.ponte@gmail.comまで。

このフリーペーパーは「凸凹文化の創造を目指す」というコンセプト。

本気のフリーペーパー編集会議!高地さんも参入決定。

このフリーペーパーは「凸凹文化の創造を目指す」というコンセプト。
凸凹文化って何か?うーん、「人が思いつかないことを思いついても、
なかなか理解されない文化」と勝手に決めました!
底知れない魅力がありますよ。発掘していきます。
とうとう、カエルちゃん登場!1号、2号、3号です。