樋端先生講演会&パネルトーク

イベントの2日前くらいは、「もーこの忙しさ。イベントは当分やらない!」って決心するのですが、終わったら半端ない?充実感。そして、今回のイベントは特におもしろさ抜群でした。長野から来てくださった精神科医樋端佑樹先生は期待どおり!半ズボンでウクレレ持って現れた瞬間「人選に間違いは無かった」講演の内容も頷けることばかり。
そして、若者たちのトークも、富山の多様性を体現してくれていました。内容を書くのは実は私、苦手です。その場の空気の中でいっぱい感じてしまうので書くことがができません。そこをフォローしてくれるのが山口翔太君のグラフィック。自分もしゃべりながらよく描けるなあ。
いい子でいるしんどさをちょこっと語りながら、会場の皆さんの期待を受けて歌まで披露してくれた若い起業家、金谷智くん、「普通」に見せて実は驚きの澤田啓輔くん、しんどいのでときどき眠りながら、めっちゃ核心を突くことを語った米沢拓也くん、会場からの質問してくれたみなさん、そして、定員を超えた90人の参加者の皆さん、ありがとうございます。
高校生の男の子の質問。「僕はどうしても自分がフツーではないことを受け入れられません。どうしたら受け入れられるのですか」金谷くん「受け入れるのは簡単ではないけど、いろんな人の生き方を知っていくと世界が広がっていきますよ」本当にいい時間でした。終わった後の会場の忘れ物は、樋端先生のパソコンと私のカバン、水筒、大切な手帳。お仲間でした。はるかぜの澤田さん、ご迷惑かけました。

日々、あんのん。このブログの記事、私も読みました。

南雲君からの紹介。
このブログの記事、私も読みました。
今まで本が出るということの意味が実感としてはよくわからなかったのですが、私たちの気持ちがまるで空を飛んでまだ知らない人に届くということなのですね。
本当、嬉しいです。

日々、あんのん。
『庭に小さなカフェを作ったら、みんなの居場所になった』を読みました。

何と初めて本格的に臨床美術に参加。

何と初めて本格的に臨床美術に参加。
令和という字を書きました。

皆さんの字から離れたダイナミックな作品に比べて私は崩せず、思い切りがないなあと落ち込みかけていましたが、北澤先生の「この屋根の部分が力強いですねーそして優しい。この線が効いているね」と言われて嬉しさがこみ上げてきました。
自分自身に自信がなくなった時、周りにいる人が大丈夫!と気づかせてくれるというのがこういうことなんだ!と心から感動!
ありがとうございました。

3月のほっとなみカフェ

まだ兵庫にいますが、27日水曜日13時半からほっとなみカフェです。
介護相談できます。でも、どなたでもどうぞ。
ケーキ、ドリンク200円です。
きっと人数少ないのでゆっくりお話しできますよ。

今は人気のさくらシフォンケーキ。
ワークハウスとなみののふーらりさんのケーキです。

2月活動のお知らせ

Ponteとやま2月の活動についてお知らせです。
kidscaféは、すでに申し込みが定員に達しました

★2日(土)10時~11時半…スイーツ付き相談会。幼児~小学校低学年のお子さんのご家族対象です。参加費は、スイーツ付きで1000円。場所はみやの森カフェです。

★11日(月・祝)11時~14時…お仕事体験プログラム kidscafé。対象は小学生~中学生。定員は8名程度で先着順です。参加費は、一人2000円。(子どもさんの昼食と300円の給料込みです)
※申し込みがすでに定員に達しました!

★16日(土)9時半~11時半…WAKUWAKUサークル 土となかよし~園芸療法プログラム~。木の実やドライフラワーを使ってクラフトをします。場所はみやの森カフェ。対象はどなたでも。参加費は単回参加の方は親子一組1500円+おやつ代100円です。10回チケット購入されている方は、対象の活動です。

★24日(日)10時~12時WAKUWAKUサークルクリエイトプログラム~書を楽しもう~対象は、どなたでも。自分の好きなことばや文字を書で表現して楽しみます。講師は、書道の先生 吉井佐代美さん。参加費は単回参加の方は親子一組1500円+材料費100円×人数分。10回チケット購入されている方は、対象の活動になります。場所は、みやの森カフェです。

その他、17日14時からこくごの教室(クローズド)、3日&17日午前は、連続講座:一緒に向き合おう~家族関係、仕事、お金のストレス~第5回、6回です。(チラシあり)

参加希望については、できるだけ、前々日の夕方までご連絡ください。
なお、申し込みや問い合わせについては、miyanomori.ponte@gmail.comまでお願いいたします。

友野さんと話す会とPonteとやまの下心

友野剛行さんが妻の夕子さんと一緒にみやの森カフェに来てくださって本当に嬉しかったです。
声をかけた富山ダルクの林さん、もこみちさん、悦子さんやサポートハウスの山本実千代さん一行も来てくれて迫力満点。

ほっこり南砺の中山さんはイノシシの肉とおっきな土鍋、野菜をしょってきてくれて、大ごちそうとなりました。ありがとう。

本当は夢生民軍団やシェアハウスの姫野さんも来てくれるはずだったのですが、インフルエンザで残念。

友野さんが今千葉船橋でやっている、家も仕事も無い人がそこから再スタートしているという活動。
本当はどこにもあってほしい活動です。
でも、行政もできない、もちろん民間もそこまでなかなか力を持てない。

私の下心は、それぞれの得意分野を持ち寄ったら、みんなで友野さんになれるかな?というもの。
それでも、何人集まったら友野さんになれるのかはわからない。
不可能かもしれないけど、下心は持ち続けて探ってみようと思います。
関心ある人は声かけてくださいね。

みやの森カフェ:12月15日の営業

土曜日は、ちえこさん、れいこさんコンビも来てくれて、ゆうすけコンビもばったり会って、もう一人のゆうすけさんは自家製の醤油を持ってきてくれました。

三津井さんは遠く石川県から来てくれました。

雲井さんは三味線弾いてくれたし、終わり近くにYMCAからのお付き合いの若者たちがきてくれて大にぎやか。

ポケットに600円しかないということでしたが、皿洗いをすることでランチ食べられて良かった!

閉店後、店の片付けしてたら、ここ2年くらいきていなかったAさん来店。
「来週から週2回は来る。人とのコミュニケーション上手くならなくちゃならんし、作っている野菜広めたい」と決意表明。
とにかく続けていくことは大切!と思えた日でした。