おしゃべりの時間~わたしの好きなお洋服~

1日木曜日(祝)は、金盛 亜耶ちゃんのイベントです。
フリースクールから専門学校に行って、東京で修業してきたあやちゃんの「おしゃべりの時間」。
フリースクールの生徒たちが回遊してきてステキな大人になって現れてくれる!嬉しいことです。
あやちゃんの製作した服も持ってきてくれるらしい。
どうぞいらしてください。

ランチもやっています。
山口君のグラフィックファシリテーションもやりますよ。

あやちゃんの想いもシェアします。

3/21春分の日に、salon1122としてはじめてのイベントを、ponteとやまの皆さんとさせていただきます。
「おしゃべりの時間」という、なんともゆるくて、まったりとした、おしゃべりをするイベントです。

そもそもsalon1122ってなんぞやというところですが、これは私が個人的に行っている、お洋服のお修理/お直し/補正やリメイクなどの活動をする際の活動名です。
“1122”は、なんとなくもう1歩踏み出せなくて、足踏みしてしまう時、3歩目踏み出すのってけっこう勇気、いるよな。
そんな時の助走期間になれたら良いなって、それが由来です。
(あと単純にアトリエの住所に由来もしている)

人は見かけだけではないし、身なりなどによって他人から差別を受けたりなぞは、もってのほかである。
しかしながら、身なりによって、自分自身が自信を得たり、周りにいる人を幸せにしたり、信頼を得たり、素敵なコトが起こったりしたら、それはとても幸せなことだと思うのです。

体型が変わってしまった、なんとなく好きじゃなくなった、身体に障害が出来てしまった、小さい、大きい、ごろごろする、介護をしていて(or受けていて)あれやこれやが難しくなってしまった、など。などなど云々。
日々、着ている物に関する悩みなんて、ひとまとめにできない。だってみんな違うから。ほんとうに全然違う。

ゼロから作り出すことだけじゃなくても、直したり、変化させたり、工夫したりすることで、身体にもライフスタイルにもピッタリな着衣に変わるかもしれない。

つまるところ、障害の有無に関わらず洋服たのしく着られるようにしましょう!の活動をしています。

私自身は以前はスタイリストの仕事の傍らにいましたが、やっぱり作ったり、直したり、個々人に関わりたいなを望んでいて、勉強し直したり、修行し直したりしながら、今います。 「みんなに必要で、私ができることってなんだろう?」
を、考えていたとき、
「じゃあ話を聞いてみる会を開こうよ!」と、企画してくださったponteとやまの加藤先生、水野さん、山口くん。

当日、どんな方とどんな”おしゃべり”ができるのか、今とてもたのしみでわくわくしています。

私は当日、お昼頃からカフェへ参ります。ふらふらフラット遊びにどうぞ、いらしてください。おしゃべりしてください。
まったりしながらお待ちしてます。

ヒトヲキクカフェ VOL.3:全国を講演で飛び回る、なんか面白そうな人

カフェで自分ではない”ヒト”のことを聞くトークイベント”ヒトヲキクカフェ”
VOL.3はコミュニティハウスひとのまの宮田隼さんです。

コミュニティハウスひとのまの活動で、全国を講演で呼ばれるほど
有名です。そんな宮田さんが、ヒトヲキクカフェで話したいとコメントをくれたので、これは今やってもらった方がいいのではと思い、急遽決定しました。

こんなことを言うとあれですが、私は宮田さんのことを
よく知りません。会ったのは3回。
最近は、岐阜の居場所づくりフォーラムでグラフィックを
描かせていただきました。
講演内容ももちろん面白いのですが、それ以上に
数時間でボランティアの高校生と仲良くなってしまう
人間力??性格??はすごい。この人面白そうと思いました。

宮田さんをなんか面白そうな人として招待するのは、
このイベントだけだと思います。(笑)

ひとのまの話は、全国で聞けるので
それ以外が聞ければいいですね。

抱腹絶倒、爆笑の2時間です。
ハードルを上げていきます。

当日は、山口がグラフィックも描きます。
話と同時進行で見える化していきます。

模造紙は足りるのか?
山口は宮田さんのイジリに耐えられるのか?
(最近、下ネタ野郎のレッテルを貼られました。)
ご期待ください。

宜しくお願いします。

ヒトヲキクカフェ VOL.3
全国を講演で飛び回る、なんか面白そうな人

時間:4月5日(金) 18:00〜20:00
場所:みやの森カフェ
参加費:大人1100円 若者600円

Ponte とやま × salon1122 おしゃべりの時間~わたしの好きなお洋服~

年齢や障害や病気があっても関係なく、おしゃれでいたいステキでいたい。
そんな人たちの気持ちに寄り添った服のお直し屋さんsalon1122の金盛 亜耶さんと、Ponteとやまが共同で、おしゃべり座談会を開きます。

おしゃれをしたい、着心地のいい服を着たい、着てもらいたいと関心がある方は、気軽にお茶とお菓子を食べながら、話してみませんか?

写真は、亜耶さんが実際に縫ったお洋服です。
スカートはジッパーが二本着いていて、車椅子でも着用可能なもの。おしゃれで機能性もあり、使う人の気持ちや生活に寄り添っているものって、すごいなぁと思います。

お洋服・おしゃれ・あなたのキモチについての座談会
おしゃべりの時間
~わたしの好きなお洋服~

あれも着たい.
これも着たい.
でも着られない…
こうだったら…
ああだったら…
教えてほしい
あなたのキモチ

Ponteとやまとsalon1122の共同企画
おしゃべりの時間

障害、病気、年齢など関わらずステキでいたい。
おしゃれでいたい。みんなでお洋服のお話しをしませんか?

salon1122として活動をしている金盛亜耶さんと
一緒に、気軽におしゃべりをする時間をつくりました。

【金盛亜耶】
スタイリスト河原アンナ氏に師事後、お洋服のデザイン/パターンを学び、補正/修理の道へ。
2018年より活動名を”salon1122”とし、フリーで活動中。
「楽しく、ステキに、あなたらしく」をテーマに障害の有無に関わらず、お洋服を楽しんで着れるための活動を目指し、目下修行中。

【salon1122】
誰でも足踏みしちゃうときがある。
1、1、2、2、3歩めを踏み出すための、なにか力になりたいな。
そんな想いから生まれた、一風変わったお直しサロン。
着れなかった洋服がまた着れたら。
思い出の洋服が蘇ったら。
わたしに似合う洋服に生まれ変わったら。
自信と勇気が持てるかも。
あなただけのステキを見つける、お洋服のお直し屋さん。

日時:2019年3月21日(木・祝) 15:00~17:00
場所:みやの森カフェ(砺波市宮森303)
参加費:500円(飲み物・お菓子付き)
申し込み・問い合わせ:salon1122.co@gmail.com
0763-77-3733(みやの森カフェ)

ヒトヲキクカフェ VOL.2:そのまま行けば安定だったのに、一般社団法人をつくっちゃった人

カフェで自分ではない”ヒト”のことを聞くトークイベント”ヒトヲキクカフェ”
VOL.2は一般社団法人ガチョックの澤田啓輔さんです。

澤田さん、社会福祉士、精神保健福祉士であり、福祉支援施設で働いていました。
30才の時の1人旅で出会った、日本最南端の島”波照間島”の穏やかに暮らす人々をみて、自分も穏やかに生きてみようと、『雇われないソーシャルワーカー』になろうと決意。
一般社団法人ガチョックを設立。
一軒家を借り、居場所として開きながら、就労支援、ひきこもり支援など、全般をサポートしています。

「そのまま働いていれば、確かに生活の面は安定していたはずです」
「それでも、やりたいことをやっています」
と笑いながら話してくれる澤田さんの話をみんなで聞きませんか?
個人的には、まったく穏やかに生きているようには、みえないのですが、どうなのか?
なぜ?一般社団法人ガチョックを作ったのか?
B型就労に、YouTube事業を行おうと思った経緯は?
そもそも、なんで仕事辞めたんですか?

いろいろ聞いてみたいです。
当日は、山口がグラフィックも描きます。
話と同時進行で見える化していきます。

宜しくお願いします。

ヒトヲキクカフェ VOL.2
そのまま行けば安定だったのに、
一般社団法人をつくっちゃった人

時間:3月30日(土) 15:00〜17:00
場所:みやの森カフェ
参加費:大人1100円 若者600円

ルーを使わないカレー

先週何となくまだふわふわしていたので耳鼻科へ。
典型的な頭位性良性のめまいということでした。
めまいが起きたら、寝ていないで座ってくださいとのこと。
その方が早く治るんだそうです。

とりあえず「典型的!」と言われて安心してエネルギー戻ってきました。

事後報告ですが、最近カレーをルー使わずスパイスで作っています。
玉ねぎは時間をかけて飴色に!昨日は金午後クラブに父も入れてもらっていました。