ごちゃまぜ仲間は、 どーも、制度にしていく方向性があまり無い。

さて、もう一言。富山型デイのセミナーで感じたこと。
富山型デイは活動スタートとともに行政にも働きかけてシステムを作ってきました。
そして賛同する仲間も全国的に増えて、大きなセーフティネットを作っている。
これってすごい!

一方、私たち(まだだれを指すのかわからないけど)ごちゃまぜ仲間は、
どーも、制度にしていく方向性があまり無い。

「勝手にやってるからなあ」
「自分がしたいことしかやってないし」
「制度の中で助けてくれそうなものも見つからないし」…
と肩の力が抜けすぎている感じが否めません。

ところが…なぜか人が集まってくる。
それもいろんな困りごとや生きづらさを抱えている人が多い。
そして、この力があまり入らないこの場で一息ついたり、
仲間を見つけて元気になったりしてる。
これは主宰者のおかげじゃなくて集まってきている人の相互作用としか思えない。

この前も書いたけど、自分のところだけでは解決されないとわかっている主宰者は、
他の場も紹介するから、自然にネットワークが強くなり、ハブ化していく。

課題や問題も見えているから、
のんきな主宰者も必要を迫られることに対してできることを提供していくと
結構苦しくなってきたりする…

そんなこんなが見えてきた。
私ができることは何かな。
考えてみたいと思います。

これだわーきっと世話焼かれながら、民生委員を務めます。

とうとう民生委員がスタートしました。

根っからのよそ者根性が染み付いている私。
「知っている人はいないだろーなあ」ととぼとぼ歩いていたら、入り口がわからない。
それらしき女性が、「こっちかも」と教えてくれる。

「民生委員の方ですか?」と聞いたら、6年やって今日でおしまいとのこと。
「初めてで全くわからないんです」と言ったら、
「受けて後悔することは何にもなかったですよー受けなかったらきっと後悔してた。
 私はやれてよかったから大丈夫ですよー」と言ってくれました。

会場に入ったら、市役所と社会福祉協議会の人は顔見知りばかり。
民生委員さんの中にもお二人知っている人がいました!
後から、あそぶ駄菓子やさんの川越さんの夫さんが声をかけてくれました。
そして、もうお一人が長女の小学校の担任だった先生。
あ ーびっくりした。

地区に分かれて、自己紹介。
名簿の私の名前のふりがなが「ありこ」になってるーとつぶやいたら、
隣の人が、「言われ、言われ」と世話焼いてくれました。
これだわーきっと世話焼かれながら、民生委員を務めます。

日曜日はキッズカフェ。子どもたちは5名。

日曜日はキッズカフェ。子どもたちは5名。

最初は「働きたくない」と言っていたけどちゃんと働いた人も、
最初働きすぎて電池切れした人も、
途中でコップ落として落ち込んだけどちゃんと復活した人も、
「カトーさん、俺ね、財布の中に200円しかないから働きにきた」とささやいた人も、
13時半の終了時間にちゃんと並んで、300円のお給料をもらって満足そう。

お客さんがいっぱい来ると割増お給料もあり、みんな嬉しそう。
お客さんたちの眼差しも温かい。

る・ふっくらんの平井さん、ダルクの鈴木さんも来てくれてありがとうございます。

春から教員になる人たちも手伝いにきてくれました。
4年間、お世話になりました。
きっと頼もしい先生になると思います。
また遊びにきてね。

「場を開く」「心を開いていく」

富山型デイのセミナーの懇親会でお会いしたのは坪内博美さん。

会った瞬間、「えりこさん!」と呼びかけてくれた訳は
私たちの本を読んでくれていたから。
福井県の本屋で見つけて、「これだーっ」って思ったとか。

本当に嬉しいです。
本を読み込んでくれた人が、会う前から友達になっている。
「これならできるかもと思ってもらいたい!」
それを感じてくれた人が何人もいてくれるのですね。

「場を開く」「心を開いていく」…
きっとこれをわかってくれる仲間が増えていく実感を持ちました。
博美さん、どうぞ、よろしく。

うちの裏の様子を写真に撮ってみました。

何にもないけど、集ってくれる人がいますよー

いっぱ〜い、お土産背負ってきてくれました。

富山型デイのセミナーのときに久々にお会いできた下江さん。
いっぱ〜い、お土産背負ってきてくれて、
私たちの本を(みんなに配ると言って)何冊も買って大阪に帰っていかれました。

お土産はカフェの子供たちやスタッフと楽しみながらいただきましたよ。
輪ゴムみたいなキャンディーが受けていました!

いつも遠くから熱く見守ってくれていて、本当にありがたいです。
そんな想いを感じて、改めてがんばろうと思いました。

やっとこれからの方向性が見えてきたみたい。

今度の日曜日8日は駅チカ居場所です。

今度の日曜日8日は駅チカ居場所です。

カフェと違ってゆっくりお話しできます。
のぞいてみてくださいね。

砺波えきちか居場所のお知らせ。みやの森カフェは車がないと行けない!と思っているみなさんにお知らせです。えきちか居場所タイムはじめました。

日 時: 12月8日(日曜日) 10:00~13:00 (毎月1度の予定)

場 所: 砺波市中央町3-8ギャラリーあけみさん(川堰商店)

                  カワセキと読みます。

時間は何時でも出入り自由です。年齢、状況(?)問わず。

お昼ご飯に食べるものちょこっと持ってきてください。みんなでシェアして食べましょう。なんでもいいよ。参加費100円 

砺波駅北口から5分。今回は水野さんお休みで加藤一人で待っています。
富山・高岡から来る皆さんへ

① あいのかぜ鉄道8:39(富山発)8:57(高岡着)城端線9:02(高岡発)9:24(砺波着)

 この場合は、早く着くので準備を手伝って下さい。

② あいのかぜ鉄道9:01(富山発)9:19(高岡着)城端線10:12(高岡発)10:34(砺波着)

 この場合は、高岡で50分あるので、高岡でちょっとゆっくりしてきて下さい。

今週のお知らせ。

書きたいことはたくさんあるのですが、なかなか時間がとれません。

まずは、今週のお知らせ。
明日から木金はランチで、土曜日は軽食カフェです。
夫が育てた白菜と大根初お目見え(耕すのと肥料入れはご近所さんがしてくれたのですが) 。

他のいただいたカブは千枚漬けに。きび砂糖使ったからちょっと茶色です。

ゆずジャムいっぱい作りました。

舞ちゃんに教えてもらったチョコブラウニーも焼いたよー

明日木曜日は塚本先生の10分ボディコンディショニング。
とても楽になるからお気軽に来てくださいね

ponte 会議を開きます。

怒涛の11月が過ぎてやっと落ち着いた日々が戻ってきました(本当か???)
この怒涛の中で山口君が提案してくれたponte 会議を開きます。
理事長水野と理事の私から総括と反省を発表。
その後来年の方向性を探っていきます…山口君、これでいいんだっけ?
まあ、お茶飲みながら、気楽にやります。
来年もponte 、みやの森カフェが続くといいなあ…