キッズカフェ:会話その2パニックってなに?

子どもたちの会話 その2…パニックってなに?

まかないを食べている時のこと。
kidscaféに継続して参加してくれている中学生のDくんが、おもむろに話しはじめました。

Dくん:先輩!←Dくんはいつ頃からか私のことをこう呼ぶ😅
ミズノ:はい、なんでしょう。
Dくん:ぼくは、以前、急にパニックになったりしてたよね。
ミズノ:ここではそんなに激しくなかったと思うけど?
Dくん:うん。でも、小学生のころはたびたびパニックになって暴れたりしてたよね。
Kくん:パニックって??(Kくんは小学1年生。)

※その場に居合わせたお母さんたちは若干動揺😅

Dくん:ぼくはパニックになってたんだよ。
Kくん:だからパニックってなに?
ミズノ:すごくびっくりした時に頭の中がわーってなったり、困った時にあーっもおどおしようーーーってなる時あるでしょ?
Kくん:え、オレない。そんなん全然ない。
ミズノ:ふーん。そっかぁ。私はあるな。
お母さんたち:あるあるー。
Dくん:でも、ぼくは最近はならないよ。
ミズノ:そおだねー。私もそう思うよー。

Kくん、初回は、ルーロゥ飯の匂いが苦手で頭痛がしてしまい早退。
2回目は初めにお仕事頑張り過ぎて早々にリタイヤ。
おそらく、頭の中は混乱してたはず。

年齢も、経験も、特性も様々な子どもたちが、“協働”することで学び合うことは多い。
仲間と、時と場を共有する意義は大きいなーとあらためて思います。

キッズカフェ:会話その1しゃべってる自覚

kidscaféの店長、えりこさんも書いてくれていますが、子どもってすごいなーと思います。
かかわり合い、認め合いながら着実に成長していく姿は、実に頼もしい✨✨✨

毎回、いろんな化学反応が起こって、私たちも楽しませてもらっています。
例えば今日はこんなことが😊

その1…いつになく?!仕事に集中したNくんとの会話。
ミズノ:(いつもはまかないの昼ごはんをお客さんが来ても食べていたのに今日は一番に食べ終わったので)あら、きよは食べるの早かったねー。さすが中学生は違うな👍
Nくん:え、しゃべる相手おらんだだけ😁
ミズノ:そおいうことー?!
Nくん:そお。だっれもしゃべる相手おらんし🤗
ミズノ:ん?ということは、いつもはわかってるけどしゃべってるってことか?
Nくん:さあねぇ。たぶんね。
ミズノ:なるほど。しゃべってるっていう自覚はあるのだね?ふむ。
※ここでえりこさんが、じゃあしゃべる人がいたらどうなるって聞いたかな?

その後も、Nくんは仕事に集中。
注文票を見てドリンクの用意をしたり、近くの人の様子を見てちょっと手伝ったり。
気働きができてる👍すごいです!!

キッズカフェ:成長ってすごい

4年キッズカフェをやってきて、今日いちばん疲れなかった!いつもはクタクタになるのですが💦
サポートしてくれた若者たちのサポートのうまさと、何より子どもたちが上手に働きました。成長ってすごい。

初めて来たときは怒ってすぐ帰ってしまったA君は、最初から最後までスイーツ係をがんばる。
お皿洗いをずっとやった男の子ふたり。
卵焼きをずっと焼き続けた中学生。
注文から会計まで店内の交通整理をホワイトボードに書いてしっかりやり遂げた中学生。

会話がまた面白い!ここは水野さんの報告待ちます。

お客さんも昔馴染みの若者たち。昔話にも花が咲く。
「君はさくらカフェで500円の弁当買うのに1円玉を500個持って来たよね。やめてください、と言ったら、今度は10円玉50個。会計するとき重くて腰痛めたわー」15年前の思い出。

みやの森カフェの様子:「来てよかった」と言う笑顔

今日も繁盛店のようなカフェでした。

もっと凄いのが、厨房の混み方。
スタッフ大人6名に子ども3名。
みんなで頑張りましたよ。

相談に来る方も最近多いです。
とても私一人では無理な状況。
それをもともとは相談に来た方がスタッフになって、
今度は相談に来た人のお話を聞いてくれている。
「来てよかった」と言う笑顔も嬉しい。

なちゃんのカフェラテもどんどんスキルアップ!

みやの森カフェという場所

翔太君、ありがとう!
私と水野さんや恭子さんやカフェボランティアの人たちと作ってきたみやの森カフェを私たち以上に深く感じとって、巧みに表現してくれる。
ありがたい。
今年度から仲間になってくれた長崎悦子さんの仕事ぶりにもめっちゃ助かっている私たち。

私はカフェの床だと思っているのです。
この床の上で皆さんが、楽しいことをしたり、必要なことを展開してくれたら嬉しい。
私は、拙いけれど心込めてご飯を作っていろんな人が来てくださるのを待っています。
そして、ここからスタートする人を見るのは何より嬉しいことです。

————————————–山口翔太さんの投稿です。——————————————————–

【みやの森カフェという場所】

この文章は、いつか書きたいなと思いながら、書いていなかったので書きます。

本当は、どこかの会社に就職が決まって、加藤さんとツーショットでも撮って、お世話になりました!!という文章と一緒に載せようと思っていたのですが、世の中思いがけない方向に、物事が進むもので。。。笑

まず、はじめに私が今思う居場所とは、
”その人が必要な時に、選択できる場所の選択肢の1つ”

選択肢の1つであるべきだし、そして、休職中の私にとっては必要な場所でした。

自分の現状を知っている場所があるというのは、それだけで、かなり気持ちが楽になりました。

4月から数え切れないほどカフェに行ってますが、行くたび、ここは”交差点”だなと思っていました。

いろんな人がいるんですよね。
信号が赤で止まっている人も、どうしようか迷っている黄色の人も、めちゃくちゃ元気な青色の人もいて、騒がしいんですけど、みんなが人生に向き合っていて、悩んでるなあと思います。

でも交差点で少しだけ、人生が交差しているところも好きです。

そして、自分も悩みましたけど、カフェに通っていて、感じたのは、”人間生きてれば、誰でも悩むし、迷うよね”でした。
人は何1つ一緒ではないのに、みんな悩むんだよなぁと。

それでもカフェに来る人たちは、そこから信号の色を変えて、先に進んで行ったり、戻ってきたりしていて、人間ぽくて笑います。

自分も信号の色を変えて、進んでいくはずが、お世話になるという現状も、面白いことが色々できそうと思ったからです。
それに現実的に、メリットが大きかったから受けた事も、もちろんあります。ありがたいです。

こういう場所は増えるべき(いろんなジャンルで増えればいいな!)だし、繋がっていき、選択肢が増えていけばいいと思います。

だって、去年の4月にカフェにいくという自分の選択は、今の自分にとって、とても良い選択だったといえるから。

最後に

多様性という言葉がよく出てきますけど、多様性って、その言葉が好きな人たちが、集まることではなくて、多様な感情・感覚の人・気持ち(その人にとって、良くも悪くも)の中で、産まれるものだと思います。
だから、この場所は多様だし、富山でいうごちゃまぜが合うのだろうと思います。

あと、ランチが美味しいです。

おわり

みやの森カフェ:今週のランチ

翔太君の写真を拝借して今週のランチ!

夏に風邪がなかなか抜けない時、本場カレーを勧められてデリーに行って食べたら確かに風邪が抜けた!
それからスパイスを結構適当に使ってカレールウを入れないカレーに凝り始めています。

今日も玉ねぎはじっくり炒めた鶏手羽元のカレースープ。
温まります。

今週メニューはこれです。
明日明後日も営業してますよ!

みやの森カフェの様子:人が繋がる場を作る

先週はお客様が少なかったのですが、今日はたくさんご来店。
ありがとうございます。

にぎやか食堂の阪井由佳子さんも来てくれました。
由佳子さんには、コミュニティカフェのテーマソングを作って歌ってもらったこともありますが、その阪井さんも食堂をすることになるとは思いもよりませんでいた。

誰でも来て良い、ご飯食べるだけでなく、そこで人が繋がる場を作る、お互い分かり合えることがいっぱい。ありがたいです。
強力な同志ができました。